防犯グッズの使い方

防犯グッズとは、防犯対策をする上で便利な道具のことを言いますが、さまざまな種類にものがあり、また効果がどれだけあるのか判断することが難しいものも多数あります。

また、最近では防犯グッズといっても精密機械であるパソコンや携帯電話、スマートフォンのセキュリティを強化するための情報セキュリティについても知識を持っておく必要もあり、覚えなくてはいけないことが多数あります。

まず、情報セキュリティと防犯グッズとして覚えてもらいたいものは、ハードとソフトの違いです。 ここで言うハードとは、家自体の防犯や人に対して防犯機能を対象としたものを言います。またソフトとは、グッズの中身である効果や性能、そして精密機械に入れるソフトウェア、アプリケーションといったものです。

たいていの防犯グッズはハードに対応したものであり、ソフトには、専門の知識や手法が必要になるケースがあります。

例えば、パソコンのウィルスを検知してくれるワクチンソフトですが、何時までも同じものを使っていると、新しいウィルスに対応することができなくなってしまうといった。まさに病気と薬の関係で言い表すことが出来ます。

年配の人はこのウィルスを検知してくれるワクチンソフトを入れておけば大丈夫と勘違いをしている人もおり、セキュリティを強化する意味でも、もう一度確認しなおす必要があります。